コンテンツへスキップ

手をかけ過ぎないスキンケアで肌を労わる

男性もスキンケアを意識することは大変良い事だと思っています。肌の状態で悩んだり、手をかけたりというのは男女同じです。
ですが、必要以上に手を掛けすぎるのは肌にとって良くありません。

洗顔は、たっぷりの泡を作って顔に乗せ、手が肌に触れないようにします。皮脂でベタつくからといって、ゴシゴシと洗うのは禁物です。洗いすぎると、肌に必要な潤い成分まで洗い流されてしまい、これが乾燥などに繋がることもあるからです。
肌荒れを防ぐためにも、すすぎは入念に行います。

洗顔後は化粧水を塗ります。年中同じ物を使うよりも、時季に応じて変えるのが良いです。夏場はさっぱりタイプ、冬場はしっとりタイプがお勧めです。

ニキビができると、どうしても気分が落ち込んでしまいます。早くに治そうと、無理に潰すとニキビ跡が残ったり、肌表面がデコボコになったりする可能性があります。なので、ニキビができたら、できるだけ触らないのがベストです。

程よく手をかけ、肌を労わり、スキンケアを楽しんでほしいと思います。